INFO
商品情報

Fanfare For Farewell / PULSNUG
DATE: 2021/12/02
PRICE: ¥2,021(tax in)
FORMAT: CD
LABEL: CHEAP TRIP RECORDS
CATALOG NO.: CTLP-0001
JAN: 4525118092960

[ Track List ]
 1. PULSE-SE+SNUG=... ~theme from PULSNUG~
 2. Heaven Stars
 3. Squash! the Pulsar
 4. Marble Superball
 5. Slow Starter
 6. Turn off
 7. continue? ~GAME OVER~
 8. Vanilla Sky
 9. Blue Screen/Blues Clean
10. Think It Low
11. Teenage Funk LaB
12. Ocean Colour Scene
13. Bye-Bye!! Bicycle
14. LooP PooL
15. Fanfare for Farewell

All Songs Written, Arranged, Performed, Mixed and Produced
by Ryuji Yasukawa
at Monauralab Studio(MONOLaB)

Mastered by Hirofumi Shimada(STUBBIE Mastering)

[ Additional Musicians(Friends of P) ]
Ayako Shinada(Yucca), Ayako Shirato(SisterPantsClub), Babu(Marble guitar case), Johnnie the bulgaria, Kosuke Kataoka(Il gatto), Megumi Osanai

ファンファーレ・フォー・フェアウェル / パルスナッグ
発売日:2021年12月02日
価格:¥2,021(税込)
フォーマット:CD
レーベル:チープ・トリップ・レコーズ
カタログNo.:CTLP-0001
JANコード:4525118092960

【収録曲】
 1. パルスナッグのテーマ
 2. ヘブンスター
 3. パルサーを撃て!
 4. マーブル・スーパーボール
 5. スロウ・スターター
 6. ターン・オフ
 7. コンティニュー?
 8. バニラ・スカイ
 9. ブルースクリーン
10. シンキロウ
11. ティーンエイジ・ファンク・ラブ
12. 思い出のサニー・ビーチ
13. バイバイ!!バイシクル
14. ループ・プール
15. ファンファーレ・フォー・フェアウェル

作詞/作曲/編曲、プロデュース、演奏、ミックス:安川流司

マスタリング:島田博文(STUBBIE Mastering)

ゲスト・ミュージシャン(フレンズ・オブ・P)
品田文子(Yucca), 白戸絢子(SisterPantsClub), バブ(Marble guitar case), ジョニー ザ ブルガリア, 片岡宏介(Il gatto), 小山内恵


"Fanfare For Farewell" is a candy-sweet rush of pastel pop shot through with energetic electronic flourishes, nostalgic melodies and flurries of 1990s guitar distortion. I enjoyed it.
(Ian.F.Martin / writer, Call And Response Records owner)

~はじめまして、さようなら。~
これぞパルスフィクション、ベッドサウンズ...
ノイアコ界の遅れてきた新星パルスナッグがsmall circle friends of Pと奏でるさよならのファンファーレは星より明るいスリーエフ(f.f.f.)〇♡☆
(商品帯より)

SHOP
MOVIE
PULSE-SE+SNUG=... ~theme from PULSNUG~

TEASER 30sec.

INTERVIEW

SOUND
Bandcamp

Fanfare For Farewell digest(2021.12.02 on sale)

PULSNUG · Fanfare For Farewell digest(2021.12.02 on sale)

COMMENT
From Fantastic People
Dusty Reske & Ellen Osborn(Rocketship)
Hirofumi Shimada(STUBBIE Mastering)
Ian F martin(writer, Call And Response Records)
mackiee(marikov)
manabu(ELECTRIC-FUZZ!!)
marikanda(atelier 鳥と彩り)
mayumi(P-iPLE/jailbird Y東京拘置所)
momoco(mig/momomachine)
SENSE a.k.a.TSS(dial studio 主宰)
Yuki Kawana(Yucca)
青島泉(管楽器奏者)
秋本武史(和バルあきも屋/Count0 うた)
天里月乃(声優・アーティスト)
荒井照美(marble guitar case)
蟻坂歩美(etooto/デザイナー)
イマイケンタロウ(エイプリルズ)
長田翔 a.k.a.TSS(支那ソバおさだ)
唐澤隆(smogcheck/the salt beach kill calls)
迫田有時(太鼓)
サトウシンジ(SEISHI-BANKS)
ショージ・マサタカール(THE TELEPASHITS)
鈴木正和(mash/marble guitar case)
チヨコメイト
ツジ(きいろれこーず)
角田朋幸(mig)
ノハラユーキ(Cuicks)
マリマルコ(Flow The Girl/蛮奴ミサイル)
ユキヨ(transkam/タイムボインとゆっきー)

Friends of P
ayako m shirato(SisterPantsClub)
miLLaLone(dodopop/SHOW TEN GUYS)
小山内恵(keyboards)
オサム・イシカワンテ(THE TELEPASHITS)
片岡宏介(IL GATTO)
川上雅也(SHOW TEN GUYS)
品田文子(Yucca)
ジョニー ザ ブルガリア
バブ(marble guitar case)
From PULSNUG
FFF全曲解説

1. PULSE-SE+SNUG=... ~theme from PULSNUG~
パルスナッグのテーマってことで。
読んで字の如し
コンサバの今年
マンモス熟れPな
熟れ熟れP☆SNUGがお届けする
FUN FUN FUNでFUNなツラした
暮れの元気なご挨拶
パパパパパルス
アタタタタ多機能
イントロの宇宙ぽいドローンは
SisterPantsClubの絢ちゃん、ベースはバブさん(Marble Guitar Case)。

2. Heaven Stars
コーラスはバブさん。
昔セブンスター吸ってたからダジャレでつけたタイトルなんだけど
なんかヴィジュアル系みたいで後悔してる。
rocketshipがサンクラでフォローしてくれたことをいいことに
この曲を恐れ多くも本品に凸
「あなたの影響で作った曲です!」とか言っちゃって
完璧に狂人の行動。
けどその甲斐あって今回アルバムコメントをrocketshipからもらえるという
夢が叶ったので結果オーライ。
俺のロッカー(100円返却式)魂が炸裂した1曲

3. Squash! the Pulsar
この曲もコーラスはバブさん。
数年前NHKのインディーズラジオ番組でOAされた時の
森若香織のコメントが忘れられない。
生まれて初めて作った曲かな確か。
最初はバンド形態だったんだけど
当時space kellyが来日してサインしてもらった時に
「僕もバンドを始めたのでいつかspace kellyのようになりたいです!」
とかうっかりのたまっちゃったら
Kenは独日のハーフで少し日本語しゃべれるから
「ナンテバンドですカ?」って訊かれて
「〇〇…」って答えたら
「ドイツでは知ラレてナイバンドでス」って言われた。
なのでPULSNUGも枕詞は
「ドイツでは知られていないバンド©space kelly」ってことで一つ。

4. Marble Superball
タイトルにマーブルを入れているにもかかわらず
コーラスを担当してくれたのはYuccaの品田さん。
彼女のボーカルが好きすぎて
俺のボーカルよりコーラスがデカいという頑固一徹なミックスにした。
マーブル・ギター・ケースがマブギなら
マーブル・スーパー・ボールはマブスパだよな。
なんかスープスパ食べたくなってきたわ。
まだあんの?あれ
パッとサイデリアなバッド・サイケデリア
うちのタマ(superball)知りませんか?
いや、ちょっと待って、たんま!
たんま1/2なポップ・ソング。
たんまって死後通り越して古語じゃない?
山PっていうかヤバP

5. Slow Starter
みんなのグーなニーズにお応えしようと
スローなブギー・バックにしてくれって感じの
スロースへのオマージュ溢れたバラッド。
バラードじゃなくてバラッドな?
違いは分からないからララバイでもいいよ
ララバイは子守歌だろ
俺のこもった声でねるねる寝~るね?
練るネル寝るジェラ
ネバネバ・エンディング・ストーリー

6. Turn off
名前にSNUGを入れてしまった手前
俺なりのパワー・ポップへの落とし前、KEZIMEなさいの一曲。
RentalsがカバーしたblurのTracy Jacksみたいな
ブラーり途中下車の旅。
ベースはバブさん、コーラスは品田さん。
2人が参加してくれたおかげでこの曲すごいバンドっぽくなって
Mr.マリッもっこりも思わず
「キてますキてます!バンド・パワーです!」って言うと思うよ

7. continue? ~GAME OVER~
セカンドバッグ・トゥ・ザ・フューチャー。
野球選手のトレンドといえばアルマーニのスーツにセカンド・バッグという
共通認識さえ形骸化された令和にぴったりな曲ですよ。
言っとっけどこの曲作ったのセカオワが出てくるよりずいぶん前だからな
オートチューンかけたバージョンも作ったけど
セカオワのファンと思われるのも
セカオワのファンに筋違いに怒らるのも嫌なのでやめた。
尾張名古屋は城でもⅡ
デモンストレーションファイターⅡ
スト通のRYUこと妄言同士がお送りしました。
キョンシー

8. Vanilla Sky
バニラ・スカイね?
バニラ・スイカじゃないからね
バニラのスーパーカップと
スイカバーがあれば充分だよね人生なんてそんなもん。
そのうちスーパー・カップがワンカップに変わっちゃって
最後は鬼ころしとかに行きついちゃうんだよ。
シティポップてかR指定ポップだよこれは。
ピアノは小山内さん、ベースは私の師匠IL GATTO片岡宏介氏。
狂人師弟コンビの涙無しには聴けない渋谷系風アンセム。

9. Blue Screen/Blues Clean
俺の髪型はいつだってブルース・リーかロック・リー。
けど他人に映るのはガイ先生らしい。
夜回り先生の代わりに
害悪先生としてセンセーショナル起こしていくよ。
ショーン太郎小野レノンをバリバリに意識して作ったんだけど
結果的に
しょんべん太郎 お漏れ者になってしまった。

10. Think It Low
ダブ・レター・フロム・蒲田
ダブ・ストーリーは突然に
俺なりの東京ダブストーリー
魚人、北極熊、倭黒猩猩、煙管
これらをぶち込んでミキサーにかけてドロドロにしたらこんなんでましたけど。
大学を2留した俺だからこそのダブ・ソング
ダブって言っても留年するダブるの方ね
ゆらゆら揺れる思いカラダ中に感じて

11. Teenage Funk LaB
タイトルのダジャレが全てだよ。
ティーン・エイジャー?何巡目だよ?
みたいな無粋な質問には答えかねます。
この曲を得意のスペイン語で表すなら
ド・リフ・ダイヴァ・クショァ
ヴァカ・トゥノ・サマー
だね

12. Ocean Colour Scene
PULSNUGの想い出の渚って感じで作ったんだけど
ワイルド・ワンズっていうか時の扉叩いちゃいそうだったから
邦題は二転三転して。
遠い渚が残ったんだけど
Tracy Thornファンに怒られるかAztec Cameraに怒られるかの
究極の選択の結果
思い出のサニー・ビーチに落ち着いた
サニー・ビートじゃないかセーフ

13. Bye-Bye!! Bicycle
ごらんの通りダジャレなんだけど
クイズ・ダビーなエンディング・テーマとして作った。
最初俺の弾いたピアノがショボ過ぎて
ボツにするかギター・ポップみたいなアレンジにするかさんざん迷ったけど
ダメ元で頼んだ小山内さんから素晴らしいピアノが返ってきて
ジョニー ザ ブルガリアことやなぎさわ君にもコーラスを
ダメ元でお願いしたら即素晴らしいコーラスが返ってきたから
晴れて戦力入り。
最初はグラスゴーかなんかの?坂道を自転車で駆け抜けるような
曲想だったんだけど
アルバム・タイトル然り、タイトルいうの怠くて
Bye-Bye!! Bicycle→BBB→3B→金八になってしまい
グラスゴーどころか荒川のイメージなった不憫な曲

14. LooP PooL
妖怪靴見つめの魂がほとばしる
シューをゲイズる
シュー生地をサクッと仕上げおいしく新登場な
青い珊瑚礁。
というより青白い沙悟浄なんだよ俺は。
岸辺シロー似の俺の、岸辺に対する
岸辺の思い出のアルバム

15. Fanfare for Farewell
同情するなら鐘おくれ
あの鐘を鳴らすのはあなた。
これってパルスキャットマンじゃん?なシャバダバな
ジャジーでスウィートでとびきりポップなウキウキソング
Fanfare for FarewellでF.F.F.から3Fって呼んでるけど
スリーエフって関東ローカルだったの?
全然通じないんだけど

てな感じで
いい歳してこんなデジタルタトゥー残してる俺の身にもなれよ
買ってね!